フリーのプログラム言語HSPによる、
文字情報主体のシンプルで自由度の高い野球ゲーム
「テキストスタジアム」を制作中です。

ss2012.png

◆ 2012/11/1 ◆
「トライアル版 」HSPプログラムコンテスト2012 に応募しています。

公開予定の選手データに、
ニコニコ動画ででこるんさんが公開されている、
「東方野球in熱スタ2007」の設定をお借りしています。
※コンテスト応募版は東方野球のデータではありません。

2015年03月10日

ここ最近、あまりブログを更新できなくなっている理由と、ゲームマーケット大阪2015に行ってきた話も少々。

なかなか更新できなくなり、自分の生活習慣の中から「ブログのために文章を書く」ということが喪失しつつある今日この頃。
そろそろ花粉症が辛くなりそうな今日この頃でもあります。目が痒い。

毎朝の出勤時、職場の最寄り駅で少し時間をつぶす程度の余裕を持って行くようにしているのですが、今まではわりとその時間に、ポメラでブログの記事を書くのが習慣化していました。
現在、その時間は普通に読書などをしているため、すっかり記事が書けなくなっている次第です。

好感を持っている人にはすぐ影響を受ける気質なもので、以前の記事でも触れたように浅木原忍さんによる「連城三紀彦作品の情熱的な猛プッシュ」で興味を持ち、いくつか買い集めた著作を読んでいたため、その一方で手つかずになっていた、浅木原さんの東方二次小説シリーズの一つ「少女秘封録」の全巻(現時点での)を読むという、めくるめく読書体験に浸っている真っ最中であるため、もう少しこの状況は続きそうです。

あまりにも一気に読み切ってしまうのは惜しいという感情でも働いているのか、自宅ではほとんど読まず通勤時の移動中に限るような習慣ができています。
もっとも、このシリーズを読了しても、以前ほどのペースでブログは書かない気もしますが……
「秘封」の感想はもちろん、日常の謎系ミステリについての私見なんかも、一度まとめてみたい意欲はあるのですが、果たしていつのことになるやら……

そんなことはさておき、去る3月1日、花博記念公園のハナミズキホールにて開催された、ゲームマーケット大阪に行って来ました。
今回は卓上野球機構の皆様をはじめ、野球ゲームに関係するようなサークルは参加しておられず、実際のところ、個人的には出品されているゲームにそこまで心がときめきませんでした。

500円で売っていた「ガンヘッド」のゲームとか、クトゥルフが中心のシナリオ集とか、TRPGが題材の漫画とか、それなりにいろいろと購入しましたが、なんだかゲームそのものよりTRPGで使えそうなグッズを探す方がメインだったように思います。

唯一、アナログゲーム業界では有名どころの一つ、オインクゲームズから出ている「海底探検」を、このメーカーのゲーム全般がそうなのですが、コンパクトにまとまった美しいコンポーネントに衝撃を受け、衝動的に購入しました。


まったくの個人的で勝手な感覚で恐縮ながら、私はアナログゲームで大きくてかさばるコンポーネントが好きになれません。
昔に流行った「モンスターメーカー」など、一連のカードゲームくらいの箱を想像していたら、予想を上回るコンパクトでクールな外装で、自分の常識を破壊された気がしました。
ゲームも普通に面白そうなので、地元サークルで時間が余ったら遊んでみたいですが、コマとかチップをTRPGに流用できそうなのが、購入を決めた最大の理由だったりします。なんかすみません。

ともかく、入院していたためにご無沙汰だった地元サークルの例会にも、今月は久々に参加できそうで、今から楽しみです。
私のためにキャンペーンなどが止まっていたなら申し訳ないですし、今後はなるべくこんなことがないようにしたいです。
また、同じく久しぶりにGMをやれる機会もありそうですが、自分の趣味を前面に出し過ぎたり、「設定過剰」に陥りがちな悪癖を反省し、基本に立ち返ったマスタリングで楽しいセッションを創り上げようと心掛けています。
にもかかわらず、シナリオを考えていると、出落ち的なウケ狙いのネタばかり思いつくのはどういうわけか……
posted by うずランド at 00:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰してます。
5月5日のゲームマーケット2015 春 にうちのメンバーとして来られる気はありますか?
本当はもっと前に声を掛けようと思ったんですが、体調悪そうだったので見送ってました。
おくでらくんやコミヤくんのようなメンバーを増やすわけには行きません。

うちとしては、西宮在住のサークルメンバーがこっちに戻って来たので、大阪のゲームマーケットに出ることは現状では無いと思います。

>まったくの個人的で勝手な感覚で恐縮ながら、私はアナログゲームで大きくてかさばるコンポーネントが好きになれません。
6歳の時にうちのばあちゃんにオセロの一番でっかいやつを買ってもらった時には喜んだのが、何年か経った後にすげー邪魔だなと思ったなあ!

>コマとかチップをTRPGに流用できそうなのが
夢競馬というゲーム用に、附属の取りにくいしょぼい紙のチップの代わりに、8色×各4枚=計32枚のチップが揃うようなゲームはありませんか?
Posted by 一発勝負オーナー at 2015年03月30日 01:22
最近ブログの更新をされていないようでしたので、コメントしました。お体は大丈夫でしょうか?野球への愛があふれる記事、楽しみにしております。
Posted by すぽきち at 2015年07月16日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415339765

この記事へのトラックバック