フリーのプログラム言語HSPによる、
文字情報主体のシンプルで自由度の高い野球ゲーム
「テキストスタジアム」を制作中です。

ss2012.png

◆ 2012/11/1 ◆
「トライアル版 」HSPプログラムコンテスト2012 に応募しています。

公開予定の選手データに、
ニコニコ動画ででこるんさんが公開されている、
「東方野球in熱スタ2007」の設定をお借りしています。
※コンテスト応募版は東方野球のデータではありません。

2014年02月23日

データは楽し

けっこうな長文の記事を没にしたり、続けて書いた記事も未だにまとめられずにいたりして、めっきり更新が滞っております。

さて、2月も下旬となり、プロ野球もオープン戦が始まろうかという時期になりました。
遅ればせながら、選手名鑑号を購入。


加えて、2009年に発売された限りで、翌年以降はシリーズ化されていなかった、セイバーメトリクス関連のデータが中心の「本当の実力がわかる本」がひょっこり発売されていたので、前作の愛読者としては買わざるを得ませんでした。
セイバー関連のトピックのみならず、各試合毎のスタメンや投手リレーも網羅されていますし、「2013-2014」という表記も個人的にはわかりやすくてよいと感じます。

考察とかいう程、気合の入った見方をするわけでなく、ただ漫然とボーッと、こうした野球関連のデータを眺めるのは非常に贅沢な楽しみであると思うのです。


さて、データといえばもう一つ、つい先日にアリアンロッド2E「スキルガイド」が発売されました。


一般、種族、基本、上級、それに称号クラスまでの、これまでのルルブとサプリのスキルが一挙にまとめられ、再調整が施されています。
(※おそらくは分量の問題で、地域クラスは省かれています)

こういうデータを眺めるのも、たいへんに楽しいことなのですが、2月末の例会で同ゲームをプレイする機会が早々に訪れ、しかも最初から上級クラスで始めるレギュレーションであるため、ただボーッと見ているだけでなく、それなりに頭を絞って高レベルキャラを作る必要がありました。
スキルガイド一冊にとどまらず、過去のサプリも交えてデータを検討しつつ、あーでもないこーでもないとキャラクターを組んでいく作業は、ある意味ゲーム本編に勝るとも劣らない楽しい一時であります。

わりと久しぶりにアリアン熱が上がったこともあり、これまではスルーしていたシリーズである公式リプレイ、「シュヴァルツ」に手を出してみたり……
posted by うずランド at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする