フリーのプログラム言語HSPによる、
文字情報主体のシンプルで自由度の高い野球ゲーム
「テキストスタジアム」を制作中です。

ss2012.png

◆ 2012/11/1 ◆
「トライアル版 」HSPプログラムコンテスト2012 に応募しています。

公開予定の選手データに、
ニコニコ動画ででこるんさんが公開されている、
「東方野球in熱スタ2007」の設定をお借りしています。
※コンテスト応募版は東方野球のデータではありません。

2013年08月12日

コミケ84(2日目)に行ってきた話

おぼろげに計画は立てていたものの、直前の週になるくらいまで自分の中で曖昧なところがあり、とくにブログで触れていなかったため、唐突な印象になるかとも思いますが……

bigsightf.PNG
行ってきましたよ!
8/11(日)コミックマーケット84・2日目、猛暑の東京ビッグサイトに!!

これが人生初コミケ、それどころか岐阜よりも東に行った初めての経験となりました。
新幹線に乗ることからして 2年ぶりなので、乗車券と特急券を合わせて改札機に突っ込むのかどうか迷ったり、まごまごする場面もありましたが、ネットで乗り継ぎを下調べしておいた甲斐もあって、とくに問題なく現地に到着できました。

……が、しかし、

それにしても、コミケを少々甘く見ていました。
国際展示場の駅からして、あれほどの人混みがあるとは、完全に私の予想以上でした。
もう昼も過ぎているし、「ちょっと人が多いかな」程度だと考えていたのが、切符を買うどころか駅に入る時点で「入場規制」が敷かれる程とは……
なんというか、コミケを舐めていました。

そして、気候は真夏日のピーク。私が会場に向かう間にも、救急車が行き交う様子が確認できました。

変化を続ける社会情勢の中、これだけの超巨大イベントを運営し続けることの大変さに考えを巡らせずにはいられず、楽しげなお祭りムード以上に何かこう圧倒されるものを感じました。

あと、駅から会場までの途中では、山田太郎さんという議員の方が児ポ法改正による表現規制に危惧・反対する内容の演説をしておられたのも印象的で、なんというか時勢を感じる一コマでした。

さておき、私がこの日、地元大阪からコミケにやって来たのには明確な目的がありました。
何度かブログの記事にも書かせてもらっている、ニコ動やピクシブなどで活動されている同人作家よすどんさんにお会いすることです。

先日、当方にいただいたコメントにもあった通り、ここ最近はいろいろと転機を迎えられて、思うように活動しにくい様子が見受けられたり、そうかと思えばコミケ直前になって、何やらトラブルに見舞われたらしい旨がご本人のツイッターに書き込まれたりして、そんなよすどんさんにエールをお送りしたかったことも当然あります。

しかし、そういう単純明快で純粋な動機だけでなく、こうしてファンを標榜している人間でありながら、私はよすどんさんに対して不義理を働いていることがあったのです。

一昨年に大須で開催された、よすどんさんの個展「ん個展」の際、私が購入した額付きパネルの代金について、その催しの翌月に大阪であった同人イベント(コミックトレジャー)の会場で、直接お会いして払わせてもらう話になっていたのが、台風の影響でよすどんさんのお仕事の情勢が変わったために不参加を余儀なくされ、お渡しすることができませんでした。

→「ん個展」レポート(前編)
→「ん個展」レポート(後編)

それから、よすどんさんがまた大阪その他、私の近場に来られる機会もあるかと考えたり、こちらからコミケまで遠征できる都合やら決心やらがつかなかったりして、事実上、代金のことを放っている状態になってしまっていたのです。
振込先などをお聞きする方法もありますし、例えすぐに支払わなかったにせよ、「お金のことは忘れてないですよ」とメールか何かではっきりお伝えして然るべきでした。

今回、ようやく二年越しでお渡しすることが叶いましたが、そこらへんの過去の対応が不十分だった点について、ようやくお会いできた嬉しさと会場の雰囲気に興奮していたこともあり、きっちりと謝罪の言葉を述べられなかったような気がして悔やまれます。
重ね重ね、大人気ないことで申し訳ありませんでした。

c84_hmx13.png
当日に購入した頒布物。
この他にオリジナルのビニール袋が付いてきます。


そんな感じで、よすどんさんにお伝えしたいことは多々あって、自分なりに整理して来たはずなのに、会場内の熱気と酸素の薄さにやられたのか、半分くらいしか話せませんでした。
まあ、あまりブースの前で長く立ち止まっては、よすどんさんにも他の参加者の方々にもご迷惑でしょうから、それくらいでよかったのかもしれませんが、それでも肝心の作品についてほとんど話題にできなかったのは心残りです。

とくに、わりと最近になって、よすどんさんが過去に運営されていたサイト「芹緒不安倶楽部」を知り、そこでセリオをはじめとしたロボ娘と大須への愛に溢れたSS群を堪能させてもらうことで、今さらながらにロボコさん達のルーツを理解できると同時に、「HMX13」なるサークル名の由来も初めてわかりました。
このタイミングで、おそらく残部数が少ないのでは思われる「大須芹緒上映会」を入手させていただけたことは、少なからず縁のようなものを感じたりもします。

作品の感想など、お話しできなかったことは多々ありますが、「大須芹緒」について、なんとなくブースにあるのを見たから手に取ったのではなく、買えてすごく嬉しかった!! ということだけは改めてこの場でよすどんさんにお伝えしておきたいです。

また、今回に完全な新刊が出なかったことを受けての「御詫び版」と題された一冊は、とりあえずの試し書き的なラフ画中心のイラスト集かと思っていたら、かなり細かく濃厚な「ロボコ」ワールドの設定資料であり、興味深く読ませてもらうことができました。

18禁本の方は、とらの委託で購入した最初のものより増して、格段にストレートに上昇したエロ度と、ロボ対ロボならではのシチュエーションが結合して、正直、ロボ属性がないに等しい私の……(途中、24文字自粛)……させる化学反応が生み出されておりました。
大柄でパワフルなボディと気弱な性格を併せ持つニシキさんは個人的に(エロの有無にかかわらず)ツボです。


あまり東京に長く滞在できない事情もあって、2時間ほどでビッグサイトを後にしましたが、とても充実した人生初コミケでありました。
準備会スタッフの方々以下、コミケ運営に関わる全ての皆様、本当にありがとうございました。

→よすどんさんのサイトはこちら
posted by うずランド at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

「制作日記」終了のお知らせ

再構築作業鋭意続行中。

再構築といっても、大半は以前に組んだスクリプトからコピペするだけの作業なのですが、全体の流れをもう一度アタマから、配列変数の準備をしたり、タイトル画面を経て別ファイルのチームデータを読み込み、スタメンとかの設定をして試合開始へ……と順序立てて組み直すことが必要だと考えています。

ここで手を抜いて、過去のスクリプトの試合画面部分だけを最新のものと入れ替えてチャッチャと済まそうとすると、思わぬ(そして原因がなかなか特定できない)不具合に見舞われるものです。
実際、これまで何度かの「再構築」の度に、同じ轍を踏みまくってますから……

昨年10月、HSPのコンテストに応募するためのバージョンをこしらえて以来、しばらく制作から離れていたことと、これまでのアイディアが包括された「RR(ダブルアール)」の試合画面がまとまったことで、久方ぶりに創作意欲的なものが高まり、間が空いたことで前述の地道な再構築作業に乗り出せる気分にもなりました。

なかなか進み具合は順調でなく、新試合画面にゲーム中のデータを反映させ、実際に動かせるようにするための前準備段階で既に数日を費やしており、前の記事で少し述べた「先攻と後攻の切り替えをわかりやすくするための仕掛け」も、未だ実装を完了していません。

それでも、ちょこちょこと日々の作業を積み重ねられる習慣が、まあ一応は復活したので、そのちょこちょことした進捗について、随時こちらのブログに改めてまとめていくことにしたいと考えました。
主に自分自身が作業の状況を把握するために。

それに伴い、これまで「制作日記」と題していたカテゴリを一旦終了し、新たに「テキストスタジアムRR制作日記」を始めることにさせてもらいたく思います。

そんなわけですので、もし多少なりとも興味をお持ちいただける方がおられましたら、今後ともよろしくお願いします。
posted by うずランド at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | テキストスタジアム制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

試合画面のレイアウトはこれで決定

一応の完成まで漕ぎ着けるにせよ、また中途でポシャるにせよ、やり直しはこれで「最後」になると思われる、「テキストスタジアムRR」の試合画面レイアウトが決定しました。

「RR(ダブルアール)」と称してゲームの再構築を思い立った当初の予定では、6月末にはここまで済んでいるはずだったのですが……
まあ、これが現実、そして現状の私に出来ることなのでしょう。

rr_gamegamen.png
とくに何の変哲もないような画面ですが、どちらのチームの攻撃中なのかを一見してわかりやすくするための、ある"動的な仕掛け"を取り入れるつもりでいます。
そのアイディアを採用するか、妥協して見送るかで迷ったのですが、まあ何しろ「最後の挑戦」ですし、まだまだ妥協を余儀なくされることは山ほど出てくると思われるので、ここは一つやってみる方向で決めました。

posted by うずランド at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | テキストスタジアム制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

恐怖のリングワンダリング

「テキストスタジアム」は今……

生まれ変わろうとしているんだっ!

tsrr_test.png

開発コード「テキストスタジアムRR(ダブルアール)」

待てっ! 続報!!

……
…………
………………

はて?
なんか去年も同じようなことを書いてた気が……

……とか思ってたけど、去年じゃなくて既に一昨年の話だったよ!!
posted by うずランド at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | テキストスタジアム制作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする